品川駅直結。ビザ申請のご相談なら。

ソリューション行政書士事務所

〒108-0075
東京都港区港南2-16-2太陽生命品川ビル28F
solution@bridge2n.jp

 

03-6555-5297

03-6771-8857

  • トップページ
  • メニュー1
  • メニュー2
  • メニュー3
  • メニュー4
  • メニュー5
  • メニュー6

ネパール人が特定技能になるには

ネパール国内にいるネパール人

① 求人

受入機関ネパール人

  直接採用活動をできます。

  ネパール政府が認定した送出機関を利用する必要はありません。

② 雇用契約締結

受入機関ネパール人

③ 在留資格認定証明書の交付申請

受入機関入国管理局

④ 在留資格認定証明書の交付

入国管理局受入機関

⑤ 在留資格認定証明書原本の郵送

受入機関ネパール人

⑥ 査証(ビザ)発給申請

ネパール人在ネパール日本国大使館

 在留資格認定証明書を提示してください

 

 

⑦ 査証(ビザ)発給

在ネパール日本国大使館ネパール人

 

⑧ 健康診断・出国前オリエンテーション

ネパール人指定の医療機関など

 

⑨ 海外労働保険加入・海外労働者社会福祉基金への支払い

ネパール人海外労働者社会福祉基金など

 

 

⑩ 海外労働許可証の取得

ネパール人ネパール労働・雇用・社会保障省海外雇用局日本担当部門

 

 

 ⑧~⑩の手続きはおおむね10日間かかるそうです。

⑪ 日本に入国

⑫ 特定技能として就労 

日本国内にいるネパール人

① 雇用契約締結 

受入機関⇔ネパール人

② 在留資格変更許可申請 

ネパール人(受入機関)⇒入国管理局

③ 特定技能として就労 

http://www.moj.go.jp/isa/content/930004792.pdf

 
出入国管理及び難民認定法
Immigration Control and Refugee Recognition Act
 
 
 
(在留資格認定証明書)
(Certificate of Eligibility)
第七条の二 法務大臣は、法務省令で定めるところにより、本邦に上陸しようとする外国人(本邦において別表第一の三の表の短期滞在の項の下欄に掲げる活動を行おうとする者を除く。)から、あらかじめ申請があつたときは、当該外国人が前条第一項第二号に掲げる条件に適合している旨の証明書(以下「在留資格認定証明書」という。)を交付することができる。
Article 7-2 (1) Upon receiving an advance application from a foreign national seeking to land in Japan (except for those who seek to engage in the activities set forth in the right-hand column corresponding to "Temporary Visitor" specified in Appended Table I (3)), the Minister of Justice, pursuant to the provisions of Ministry of Justice Order, may issue a certificate (hereinafter referred to as "certificate of eligibility") stating that the foreign national conforms to the conditions set forth in Article 7, paragraph (1), item (ii).
2 前項の申請は、当該外国人を受け入れようとする機関の職員その他の法務省令で定める者を代理人としてこれをすることができる。
(2) The application as set forth in the preceding paragraph may be made by a staff member of the organization that will accept the foreign national, or by other persons prescribed by the Ministry of Justice Order to act as an agent.
3 特定産業分野(別表第一の二の表の特定技能の項の下欄第一号に規定する特定産業分野をいう。以下この項及び第二十条第一項において同じ。)を所管する関係行政機関の長は、当該特定産業分野に係る分野別運用方針に基づき、当該特定産業分野において必要とされる人材が確保されたと認めるときは、法務大臣に対し、一時的に在留資格認定証明書の交付の停止の措置をとることを求めるものとする。
(3) If the head of the administrative organ with jurisdiction over the specified industrial field (meaning the "specified industrial fields" provided for in item (i) of the right-hand column under "Specified Skilled Worker" of the Appended Table I (2); hereinafter the same applies in this paragraph and Article 20, paragraph (1)) finds that the necessary human resources in a specified industrial field have been secured based on the field-specific operation policy pertaining to the specified industrial field, the head is to make a request to the Minister of Justice to take measures to temporarily suspend the issuance of certificates of eligibility.
4 法務大臣は、前項の規定による求めがあつたときは、分野別運用方針に基づき、一時的に在留資格認定証明書の交付の停止の措置をとるものとする。
(4) If a request has been made pursuant to the provisions of the preceding paragraph, the Minister of Justice is to take measures to temporarily suspend the issuance of certificates of eligibility based on the field-specific operation policy.
5 前二項の規定は、一時的に在留資格認定証明書の交付の停止の措置がとられた場合において、在留資格認定証明書の交付の再開の措置をとるときについて準用する。この場合において、第三項中「確保された」とあるのは「不足する」と、前二項中「ものとする」とあるのは「ことができる」と読み替えるものとする。
(5) The provisions of the preceding two paragraphs apply mutatis mutandis to cases in which measures to recommence the issuance of certificates of eligibility are taken if measures to temporarily suspend the issuance of certificates of eligibility have been taken. In this case, the term "have been secured" in paragraph (3) is replaced with "are experiencing a shortage", and the term "is to" is replaced with "may" in the preceding two paragraphs.

幣事務所では、一緒に働いてくれる方を募集しています。留学生大歓迎です!
くわしくは

コチラ

Please feel free to contact us

事務所概要

事務所名

ソリューション行政書士事務所 

〒108-0075
東京都港区港南2-16-2太陽生命品川ビル28F

入国管理局
申請取次行政書士
宅地建物取引士
深津重人
メールアドレス solution@bridge2n.jp

電話番号

FAX番号

03-6555-5297

03-6771-8857

サイドメニュー