品川駅直結。ビザ申請のご相談なら。

ソリューション行政書士法人

〒108-0075 東京都港区港南2-16-2 太陽生命品川ビル28F

03-6555-5297

メールはこちら

特定技能「建設」

土木

指導者の指示・監督を受けながら、土木施設の新設、改築、維持、修繕に係る作業等に従事

主な業務内容

① 型枠施工

② コンクリート圧送

③ トンネル推進工

④ 建設機械施工

⑤ 土工

⑥ 鉄筋施工

⑦ とび

⑧ 海洋土木工

⑨ その他、土木施設の新設、改築、維持、修繕に係る作業

建築

指導者の指示・監督を受けながら、建築物の新築、増築、改築若しくは移転又は修繕若しくは 模様替に係る作業等に従事

主な業務内容

①型枠施工

②左官

③コンクリート圧送

④屋根ふき

⑤土工

⑥鉄筋施工

⑦鉄筋継手

⑧内装仕上げ

⑨表装

⑩とび

⑪建築大工

⑫建築板金

⑬吹付ウレタン断熱

⑭その他、建築物の新築、増築、改築若しくは移転、修繕、模様替又は係る作業

ライフライン・設備

指導者の指示・監督を受けながら、電気通信、ガス、水道、電気その他のライフライン・設備 の整備・設置、変更又は修理に係る作業等に従事

主な業務内容

① 電気通信

② 配管

③ 建築板金

④ 保温保冷

⑤ その他、ライフライン・設備の整備・設置、変更又は修理に係る作業

想定される関連業務  】

① 原材料・部品の調達・搬送

② 機器・装置・工具等の保守管理

③ 足場の組立て、設備の掘り起こしその他の後工程の準備作業

④ 足場の解体、設備の埋め戻しその他の前工程の片付け作業

⑤ 清掃・保守管理作業

⑥ その他、主たる業務に付随して行う作業

試験の日程

最新の日程はコチラ

1号と共に、2号技能試験も受験できます

特定技能2号

① 班長としての一定の実務経験

建設現場において複数の建設技能者を指導しながら作業に従事し、工程を管理する者(班長)としての実務経験

 建設分野特定技能2号評価試験(又は技能検定1級でも可能)に合格

 

「特定技能2号」という在留資格が付与されます。

なお、現時点では、特定技能2号の在留資格を得るために必要となる日本語試験の要件はありません。

「特定技能2号」で定める技能水準を有していると認められる者であれば、「特定技能1号」を経なくても「特定技能2号」の在留資格を取得することは可能です。

 

 

班長について

 

班長としての一定の実務経験とは、具体的には、建設キャリアアップシステムの能力評価におけるレベル3(職長レベルの建設技能者)を想定しています。

2号評価試験の概要

学科試験

       

問題数

40

試験時間

60

出題形式

4択式

実施方法

CBT方式 CBT操作体験版

合格基準

合計点の75%以上

実技試験

        

問題数

25

試験時間

40

出題形式

4択式

実施方法

CBT方式 CBT操作体験版

合格基準

合計点の75%以上

試験範囲とサンプル問題

建設分野における特定技能評価試験の試験範囲は、以下の通りです。
学科テキスト1~4、実技テキスト5~7は、1号試験範囲と同じものです。また、職長テキストは、3区分共通のものです。
青字を選ぶとPDFが別のウインドウで表示されます。

 

学科試験

実技試験

土木

職長テキスト
学科テキスト1
学科テキスト2
学科テキスト3
学科テキスト4
2号学科サンプル問題

実技テキスト5
実技テキスト6
実技テキスト7
2号実技サンプル問題

建築

職長テキスト
学科テキスト1
学科テキスト2
学科テキスト3
学科テキスト4
2号学科サンプル問題

実技テキスト5
実技テキスト6
実技テキスト7
2号実技サンプル問題

ライフライン・設備

職長テキスト
学科テキスト1
学科テキスト2
学科テキスト3
学科テキスト4
2号学科サンプル問題

実技テキスト5
実技テキスト6
実技テキスト7
2号実技サンプル問題

 

 https://jac-skill.or.jp/exam/

お問い合わせはこちらから

03-6555-5297

サイト内検索

サイドメニュー